モビット増額で収入証明が必要になる理由

モビット利用している方の中で、増額審査を考えている方もいると思いますが、

 

 収入証明が必要になる

 

場合がほとんどですので、注意して申込む必要があります。

 

モビットの増額で収入証明が必要になるのは、貸金業法による規制がかかっているからです。

 

 

 

まず、貸金業法という法律は、消費者金融や信販会社などによる「過剰な貸付」をさせないための仕組みが盛り込まれています。

 

総量規制があることは有名ですが、融資をする際に

 

 「収入証明を提出させるべきとき」

 

というのが決められています。

 

具体的には、モビットからの融資が50万円を超える増額のとき、さらに、他社の借入額の合計額が100万円を超える増額となるとき、の2つの場合に収入証明が求められます。

 

もっとも、増額審査は、申込審査よりも厳しい基準で行われていますので、上の2つの場合以外でも収入証明が必要になることがあります。

 

 

また、モビットの増額には、収入証明の問題だけでなく、

 

 限度額を減らしてしまう

 

という問題もあります。

 

収入証明の問題だけならいいですが、増額審査を受けることで、現在よりも限度額が減ってしまう可能性があるということです。

 

他社のローン残高が増えていたり、これまでのモビットの返済に問題があると、高い確率で限度額が減ってしまいます。

 

そのため、最低限、現在の限度額は維持したいという理由から、多くの方は、モビット以外の別会社ローンに申込んでいます。

 

銀行カードローンを選ぶようにすれば、総量規制の問題もなくなりますので、レイクやバンクイックを選んでみてはいかがでしょうか。